English 中文

シンガポール入門SINGAPORE INFO

ブログ

日本のアマゾン税(電気通信利用役務の提供に係る消費税)の概要

公認会計士・税理士  萱場  玄

 

 

アマゾン税とは

音楽や電子書籍の配信、広告などを、インターネットを通じて、国内の事業者・消費者に対して提供された場合には、消費税が課される、という日本の消費税をいいます。シンガポール法人のような海外の事業者であっても日本国内で消費された場合に日本の消費税の課税対象となります。

申告納税の対象

  • 日本へ広告などを配信する場合

シンガポール法人が日本国内の事業者に対して広告などを提供した場合は、日本国内の事業者がリバースチャーチという処理方法で日本の税務署に対して申告納税を行います(サービス提供者側であるシンガポール法人は特に対応不要です)。

  • 日本へ電子書籍・音楽などを配信する場合

シンガポール法人が日本国内の事業者や消費者に対して電子書籍・音楽などを配信した場合は、提供者であるシンガポール法人が日本の税務署に対して消費税の申告納税を行います。

つまり、シンガポール法人が日本国内の事業者や消費者に対して、電子書籍・音楽などを提供した場合には、日本の税務署に対して申告納税を行う義務が発生するので注意が必要です。

 

 

(注)上記取り扱いは出稿時点のもので最新実務と異なる場合があります。最新の実務情報はシンガポール入門~最新実務編(オンライン)~にて提供しております。

 

INQUIRY

御見積もりやセミナーの御依頼など、お気軽に御相談ください

お問い合わせはこちら