English 中文

ブログBLOG

ブログ

海外インターンシップ体験談- 早稲田大学4年の私が一カ月半会計事務所で働いて得たもの

2019.07.31

インターンブログ

お久しぶりです、ゆきです!6月中旬よりお世話になっていた海外インターンシップが本日で終了します!

 

今回は、早稲田大学4年生の私が、1ヶ月半CPA CONCIERGEでインターンシップを経験して感じた

・インターンシップの体験談

・感想

・CPAコンシェルジュでのインターンシップに興味がある方に向けて伝えたいこと

の3つについて赤裸々に語っていきます。

 

 

シンガポールでインターンシップを決めた理由

インターンシップの感想に入る前に、まずなぜ私が、シンガポールに事務所を構える会計事務所、CPAコンシェルジュでインターンを始めたのか、その動機については以下のような理由からでした。

 

 

・英語で会計の仕事をしてみたい

・会計から派生するさまざまなサービスを提供している

・海外で働く日本人の環境に身を置いてみたい

・1ヶ月半という短い期間でも受けれてくださる(これも結構大事だったりします)

 

次にインターンを終えてみて、率直な感想についてお話しします!

ちなみにこの記事をアップするのが私の最後の業務になりますので、文字通りインターンシップ直後のできたてほやほやの感想です:)

 

インターンシップの体験談

インターン生として、「実務に多く触れたい!」、「自分の学んできた知識を活かしたい!」というのが、生意気ながらも当初の希望でした。

しかしその一方で、実際に実務を経験させていただく中で、学生の知識では仕事を完璧にこなせるはずもなく、自分の足りない部分を実感し、学びの日々でした。そしてそれと同時に、「与えられた仕事にしっかり取り組むこと」、「まずは自分で考えること」、など基本的なことのように聞こえますが、とても大事なことだと実感しました。

業務としては、まずはじめに英語の会計ソフトのマニュアル作りを任せていただきました。自分の取り組んだものが成果物として完成した時の達成感を、今でも覚えています。マニュアル用のウェブサイトの作成や説明用の動画の作成、受け取る側の立場を考えながら、情報を発信することの重要さを学ぶことができました。実際に作ったマニュアルがこちらです。https://xero.co.jp/xeromanual/

会計業務としては、財務諸表の作成やフッティング、仕訳をしました。

 

座学で会計を学んできた私にとって、知識と実務の作業が結びつくことで、これまで以上に座学に対する意欲が向上しました。

初めて記帳に携わる経験をしたのが、お客様のBank statementとメールのやり取りを見ながら処理した、
Dr.) A/R —
   Cr.) Sales—

という仕訳でした。

この時に感じたのは、「うわ!テキストで読んだAccount Receivableだ!」という興奮でした笑。

簿記や会計を勉強している人は分かると思いますが、「売掛金」や「売上」といったワードって私たちにとってはあくまでテキスト上での話で、それが具体的にどのように現実世界に影響を及ぼしているかって、なかなかイメージしづらいんですよね。

U.S.CPAの財務会計を一通り勉強した私にとって、現実世界で会計が実際に機能している場面に出会うことができたのは非常に面白かったです。同時に、普段の学習ではそれまでただ文字情報として解釈していたものが具体的なイメージとしてとらえられるようになり、テキストを見る目が変わりました。

関わらせていただいた業務のすべてが私にとって新鮮で、学ぶことの多いものでした。

学生生活の中では考えられなかったような仕事の現場に身を置き、刺激的な日々でした。学生のうちにインターンシップを通じて、社会に出て働くという経験をできたことは、かけがえのない経験になったと確信しています。

人との出会い

unnamed

そして業務を通じて学んだことに加え、このインターンシップで私は人との繋がりの大切さを学ぶことができました。

会計を軸にしたキャリアを思い描いていた私にとって、弊社に身を置き、社員の皆さんのお話を聞かせていただけたことはとても貴重な経験となりました。そしてキャリアについて相談に乗っていただき、自分のキャリアをさらに明確にすることができました。

また、インターンシップ期間の中で、セミナーに参加したり、新規顧客の方のミーティングに同席させていただいたり、、、多くの方とお会いする機会をいただきました。その全てが貴重な経験であり、日本国内では経験できないものです。例えば、夢や目標を持ってシンガポールに進出された方のお話を聞いて、私自身その情熱に刺激を受けました。

自分自身、将来のキャリアについて悩みもありましたが、数々の夢や目標を持った方を目の当たりにし、努力を惜しまず成長していきたいと思います。

 

【結論】こんな方に弊社でのインターンシップはおすすめです

・会計について学びたい方

・お客様と直接関わりたい方

・海外で暮らす日本人の生活を知りたい方

 

海外で暮らしながら仕事をするということは決して簡単なことではありません。

もちろん言語の壁や文化の違いに戸惑うこともありますが、その一方で日本では得られないような経験を得ることができます。

新しい環境で挑戦したい方に、海外インターンシップは大変おすすめです!

INQUIRY

御見積もりやセミナーの御依頼など、お気軽に御相談ください

お問い合わせはこちら