専門情報一覧 Index

オーナー経営者による個人出資か法人出資かの判断(全3ページ)

2014.12

起業・新規進出

980 JPY

シンガポールでは、資本金1ドルでも法人の設立、維持が可能ですが、資本構成としては現地のビジネスパートナーとのジョイントベンチャーなど、様々な状況が考えられます。本資料では、日本企業のいわゆる100%オーナー経営者がシンガポール法人を設立し、「個人での出資か、(自分が100%株主の)日本法人での出資かは自由に決められる状況」を前提に、個人で出資するか法人で出資するかに関する意思決定材料を提供することを目的としています。なお、個人出資と法人出資の混合となる場合であっても当該オーナー経営者個人と当該100%保有の日本法人の2者のみが株主となる(実質的にオーナー経営者単独、つまり株主として第三者は入らない)ものとし、累進税率等の場合は最高税率が適用されるものとしています。
また、本資料は脱税、節税を助長するための資料ではなく、また御利用にあたりましては弊社のサイト利用規約を十分御理解のうえ御利用いただくようお願い致します。

本資料は以下の構成によっております。

1.資本構成によって影響を受ける制度の概要
2.事例

― 決済方法について
御希望の専門情報を選択いただき、クレジットカード決済にてお支払後、会員ページから、御希望の情報をダウンロードいただけます。
コンシェルジュサービスを御利用のクライアントは全ての情報が無料で閲覧可能です。
― 閲覧方法について
購⼊いただいた情報は、会員ページの購⼊履歴より閲覧いただけます。
コンシェルジュサービスを御利用のクライアントも会員ページより閲覧いただけます。

[ ※コンシェルジュサービスをご利用のクライアントは全て無料で閲覧いただけます ]

サイト利用規約プライバシーポリシー

初回は email にてお問合せください