専門情報一覧 Index

シンガポールに短期滞在する給与所得者のシンガポール所得税の取り扱い(全8ページ)

2014.08

個人所得税

1,900 JPY

弊社クライアントである日系企業が最も遭遇する可能性の高い「日本の会社で基本的に勤務しているが、一時的にシンガポールの関係会社で勤務することになった人の給与」について、滞在日数による取り扱いの違い、補足論点と租税条約の手続き方法についてまとめました。

内容は以下のようになっております。

1. 居住性の判定とシンガポール国内での給与所得の原則的取り扱い
2. シンガポール国内の滞在日数が60日までの短期滞在者
3. シンガポール国内の滞在日数が61日から183日までの中期滞在者
4. シンガポール国内の滞在日数が183日以上の長期滞在者
5. シンガポール国内の滞在日数が丁度183日の場合
6. 補足論点
7. 租税条約の手続き方法

作成日2014年8月8日

― 決済方法について
御希望の専門情報を選択いただき、クレジットカード決済にてお支払後、会員ページから、御希望の情報をダウンロードいただけます。
コンシェルジュサービスを御利用のクライアントは全ての情報が無料で閲覧可能です。
― 閲覧方法について
購⼊いただいた情報は、会員ページの購⼊履歴より閲覧いただけます。
コンシェルジュサービスを御利用のクライアントも会員ページより閲覧いただけます。

[ ※コンシェルジュサービスをご利用のクライアントは全て無料で閲覧いただけます ]

サイト利用規約プライバシーポリシー

初回は email にてお問合せください