PICキャッシュペイアウト

2017.07.25

シンガポールの税金(法人税、GST、個人所得税、優遇税制など)

時期を逃すともったいないトピックがありますので、あげておきます。

PICキャッシュペイアウトってあるじゃないですか。そう、あの政府から40%(60%は昔の基準です)の補助金もらえるやつ。

会社でパソコン買ったり、飲食店がテーブルに置くタブレット買ったり、ウェブサイト初期開発費用や社員研修費用などで申請できる補助金です(ローカル3人継続雇用が主な条件ですが)。
これ、ご存じの方も多いかと思いますが、残念ながら今年で終わりなんです。もともとの趣旨は、外国人のビザ締め付けとの合わせ技で、(主に新興国からきた)外国人がこれまでこなしていた単純作業を、機械やIT、それからシンガポール国民をもっと優秀ビジネスパーソンにさせることで、(外国人をなるべく増やさずに)ビジネスが回るように設置したというのが狙いなわけですが、適用対象が思ったよりも広く、補助金が思ったよりジャンジャン出ていくので、シンガポール政府は投資効率が悪いと判断したんでしょうね。
で、今年で制度が終了。

 

 

研修業やPC屋さんには影響大でしょうね。政府の補助金ありきで買われていたモノが補助金無しになってしまいますので。

 

 

まあ、ここまでは終わった話なのでいいんですが、ここからが本論です。
「今年で終了」の意味なんですが、
さて、どういう意味でしょうか?

 

 

 

創造力膨らんできませんか?

 

 

 

「今年で終了」の意味を正確に言いますと、

 

 

 

「2017年に決算日を迎える決算期で終了」

 

 

 

 

!!!

 

 

 

 

という意味なんですね実は。

 

 

 

 

と、、いうことは、、、

 

 

 

!!!!
従来は3月決算だったが、グループで決算期統一するため、今年からシンガポール法人も12月決算に決算日を変更した。

 

 

 

 

これ、まさかのスライディングセーフなんですね。ただし、細かいながら条件もありますので詳しくはお問合わせを。

 

 

近々、大きな動きがまたいくつかあるのでまた近況報告します。

 
■VALU(優待:ビットコインのシンガポール税制):https://valu.is/Kayaba

■オンラインサロン:https://synapse.am/contents/monthly/singaporekiso