シンガポールの会社設立(法人設立)の概要

2015.08.22

会社設立(法人設立)などシンガポール進出系

インドネシアやタイなどの周辺アセアン諸国に比べてシンガポールは会社設立(法人設立)が簡単です。

下記、簡単に概要を記載しますが、設立手続き自体は基本的にシンガポール在住者でなければできません。

また、一定の場合の設立申請手続きはシンガポール人もしくは永住権保持者でなければできません(永住権のない外国人はので、業者に依頼するのが一般的です。

 

fake-1

 

1. 会社設立(法人設立)の前に検討しておくこと

 

 ■事業体の種類(現地法人/支店/駐在員事務所など)の決定

 【参考:現地法人と支店の違い

 

 

 ■ライセンス等の要否

 【参考:シンガポールの外資規制

 

 

 ■株式や株主の概要

 【参考:オーナー経営者による個人出資か法人出資かの判断

 

 

 ■取締役を誰にするか

  【参考:法人設立時の取締役

 

 

2. 設立申請時の必要事項

 

 ■社名

 【参考:社名の決定

 

 

 ■主要な事業

  【参考:会社設立の際の主要事業の決定

 

 

 ■最初の株主(株式の種類と株式数)

 

 

 ■払込資本金額

 【参考:資本金1ドルで法人設立してその後増資をする実務

 

 

 ■取締役(少なくとも1名の居住取締役)

 【参考:法人設立時の取締役

 

 

 ■法人登記住所(会社設立業者が登記住所を提供をしていることも多い)

  【参考:法人の登記住所

 

 

 ■定款(会社設立業者の定型フォーマットを用いることが多い)

 

 

3. 設立後に決定しなければならないこと

 

 ■事業年度(決算日)

 【参考:シンガポール法人の決算日

 

 

 ■銀行口座概要(開設銀行や通貨)

 【参考:法人設立時の銀行口座開設

 

 

 ■会計監査人

 【参考:シンガポールの新しい会計監査免除規定

 

 

 ■カンパニーセクレタリー

 【参考:カンパニーセクレタリー概要

 

 

4. 登記手数料(政府への申請料)

 

 ・社名の確保($15)

 ・法人設立申請($300)

 

 

弊社CPAコンシェルジュでも会社設立をお手伝いしております。
詳しくはinfo@cpacsg.comまでお問い合わせください。