仮想通貨長者の皆様からの新規の御相談

2018.01.26

シンガポールの税金(法人税、GST、個人所得税、優遇税制など), 日本の税金や国際税務など, 求人(人材募集)

ここ数か月、2017年の仮想通貨市場の過熱を受けて、弊社でも仮想通貨長者の方々からの御相談が非常に多いです。

 

 

御相談をお受けするなかで、日本の税務とシンガポールの税務を踏まえ、税務上問題ないことは問題ない、グレーなところは(白に近いか黒に近いかも添えて)グレー、アウトなことはアウト、と、はっきりとお伝えするわけなのですが、なんだかこの類のお話はキナ臭いケースが多いです。

 

例えば、そもそも誰かを自分の代わりに立てて調査していると思われるケース、偽名を使っていると思われるケース、実は仮想通貨長者を狙った怪しい業者かもしれないというケース、その他のここでは書けないケース、といったように、確証はないもののなんだかモヤモヤしたケースが多数で、さらに、そういったケースではその後の音沙汰はありません。

 

 


そのような状況を踏まえ、弊社では、仮想通貨に関するご相談に限り、バックグラウンドの不明な方からの新規のお問合わせ(ウェブサイト経由など)は、事前にパスポート等の身分証明書の提示をお願いすることに致しました。

 

 

ご不便をおかけ致しますが、どうぞよろしくお願い致します。

 

 

弊社、引き続き人材も募集しております。
勤務地はもちろんシンガポールです。

https://special.cpacsg.com/2