English 中文

シンガポール入門SINGAPORE INFO

ブログ

カンパニーセレクタリー(会社秘書役)とは

公認会計士  萱場  玄

公認会計士  寺澤 拓磨

大森 裕之

 

 

カンパニーセクレタリーとは、いわば社内行政書士のような役職で、シンガポール法人には必ず最低一人は置かなければならない会社の機関の一つです。日本語では会社秘書役とも呼ばれます。

 

カンパニーセクレタリーは、シンガポール居住者の自然人である必要があり、シンガポール居住者ではない(シンガポール国内の労働ビザを保有していない)日本在住の方はシンガポール法人のカンパニーセクレタリーには就任できません。なお、取締役がカンパニーセクレタリーを兼務することも可能ですが、取締役が1名しかいないシンガポール法人の場合は当該取締役はカンパニーセクレタリーを兼務することはできません。

 

「セクレタリー」という単語から、身の回りをなんでもこなす秘書(≒何でも屋)のようなイメージをお持ちの方もいらっしゃいますが、カンパニーセクレタリーが行う業務は、主にACRAへの登録業務とそれに関連する業務(取締役決議の作成、定款の管理、年次報告の提出など)に限定され、日本でいう監査役とも異なります。会社のカンパニーセクレタリーとして登録されている自然人は、会社法関連の各種手続きの義務を負います。

 

株式譲渡制限のないパブリック・カンパニー(Public Company)のカンパニーセクレタリーは、シンガポール公認会計士など、一定の資格を有する者のみが就任できるとされています。

 

(注)上記取り扱いは出稿時点のもので最新実務と異なる場合があります。最新の実務情報はシンガポール入門~最新実務編(オンライン)~にて提供しております。

INQUIRY

御見積もりやセミナーの御依頼など、お気軽に御相談ください

お問い合わせはこちら